英語のリズムを覚える

書籍

リズムとテンポが大事

英語をしっかりと勉強したし学習したと、自負して堂々と話すことのできる日本人もいますが、中には痛いくらいネイティブには決して伝わらない和製英会話を話している人がいます。単語も合っているし、語彙力はあるのになぜ伝わらないのか?それは英会話を行うのに必要なリズムとテンポが欠けているからなんです。これは日本語と英語の周波数の違いなども大きく関連してきます。一般的に英語の周波数は2000~12,000ヘルツと言われています。それに対して日本語の周波数は100~1,500ヘルツとなっています。周波数で見るとこれだけの違いが実はあるんです。なので日本語を話すような一定のリズムやテンポで英会話を行ってもネイティブにはまったく伝わらないということが起きてしまうのです。また英語の周波数にも聞きなれていないために、ネイティブの英語を聞くとテンポが速く雑音に聞こえて耳に入ってこない、聞き取れないということになります。つまり英会話をする上では日本語の周波数で話すのではなく、リズム、テンポを意識して話すことが重要になります。まずはリスニングで英語独特のリズム、テンポに聞きなれていくことが必要になります。英語にははっきりとした言葉の抑揚があり、日本語は一遍調子と言われています。この言語の違いが日本人が英会話を行う上で難しくする要因の1つになっています。日本人が話す英語は聞き取れるけど、ネイティブ英語は聞き取れなくなってしまうのはこの言語の違いによるものが大きいのです。英語独特のリズムやテンポは正しいネイティブのリスニングで覚えていきましょう。


Copyright© 2018 ずばり教えます!英会話学習法のポイントとススメ! All Rights Reserved.