音の違いを聞き取る

アルファベット

音で理解する

英会話を聞き取れるようになるにはまず英語の音自体をしっかりと把握する必要があります。これは従来の英会話のリスニング力=英語を理解するではなく、単純に音を聞き取るということです。例えば日本人に不得意な音として、R、TH、F、Vの音などがあります。まずはこの4つの音をしっかりと聞き取れるようにするだけでも学習効率はグッと上がります。音を覚えることは言語習得する上でとても有効な手段になります。言葉の意味は分からなくても好きな英語の歌を歌ったり覚えたりするのも効果的な学習法の1つです。順序としては言葉の意味を理解する前に音を覚えてから、音で理解、イメージできることを身につけましょう。そうすることで英語周波数にも慣れて自然と頭に入ってくる英語も増してきて、早くて聞き取りづらいと感じていた言葉もハッキリと聞き取りやすくなってきます。有効的な学習法として洋画を字幕で見るのもオススメです。好きな映画を決めて最初に字幕で1度見ます。次に字幕なしの音声だけで見てみましょう。これを繰り返すことで英会話の意味と発音を同時に関連づけて覚えることができるようになります。音を最初に覚えてしまえば意味や理解は後から自然と身についてきます。まずは英会話でのやり取りをストーリーや場面でイメージとしてとらえて音と関連づけて覚える。そうすれば自ずと理解して英会話を自分の言葉として使えるようになります。映画学習にはこのようにイメージ、音、言語理解を同時進行で学べるというメリットがたくさんあるのでぜひ!好きな映画で英会話習得に役立てましょう。

Copyright© 2018 ずばり教えます!英会話学習法のポイントとススメ! All Rights Reserved.