英語のリズムを覚える

書籍

ネイティブの英語を聞き取れて、伝えられるようになるにはこの英会話のリズムもとても重要になってきます。日本語とは大きく違うネイティブ英語のリズムをまずはしっかりと理解して把握することがポイントです。

詳しく見る

聞き流さずイメージする

教師

英会話のリスニングをする上で重要なポイントになるのが、ただ聞き流すのではなくしっかりとしたイメージや目的意識をもって行うということです。それにより効率的で有効的な英会話のイメージと実行ができるようになります。

詳しく見る

音の違いを聞き取る

アルファベット

リスニングをする上で重要なのがこの音の違いを聞き取るということです。これは英会話を聞いて理解することではなく、あくまでも英語の音の違いを聞き取ることができる能力のことです。英語の意味や理解よりも英語の音を聞き取れるかがまずは重要になります。

詳しく見る

まずはインプットから

ENGLISH

英会話の言語取得で大事なのがインプットしてからアウトプットを行うということです。残念なことにほとんどの英会話スクールなどで英会話を習得する際に英語をインプット(聞く)するのとアウトプット(話す)するのを同時に行っているということです。

詳しく見る

単語の並びを覚える

English

英会話を習得するのにはっきり言うと英文法などの文法を勉強する必要はありません。あなたは日本語の文法をマスターしていますか?文法に関係なく日本語を習得してますよね。大事なのは文法よりも単語の並びを覚えることなんです。

詳しく見る

シンプルisベスト

文房具

音と音のつながりを聞く

英会話学習の基本ステップとして、①リスニング②スピーキング③リーディング④ライティングの順で学んでいくのが基本になります。まず始めに、リスニングを行う上で大事なポイントとなるのが音と音のつながりを聞くということです。つまり単語と単語のつながりで生じる発音の変化を聞いて覚えて理解することが上達のコツになります。例えば、I need youと言った時に、日本の学校などで習う場合は単語をそれぞれに分けて読んでしまいます。この場合だとアイニードユウと発音してしまう人もいます。ただ、このような発音はネイティブでは存在しませんし、言ったところで?となり大体の場合は通じません。これは3つの単語ではありますが、発音する時は1つの単語のようにアイニージューと発音します。実はこのような英会話の当たり前な音と音のつながった発音の変化でつまずいて混乱してしまう日本人が多いのが現状です。これは日本人特有の学校での英会話の学習法にも原因があります。受験英語などではこのような音と音のつながりを教えることも学ぶこともほとんどありませんし、単語1つ1つを分けて考えてしまう傾向にあるからです。驚くことに英語の教師ですらこの音と音のつながりを知らずに発声、発語している人も多くいます。まずは英会話学習を始め行う場合は、音と音のつながりをしっかりと聞いて理解することが上達のポイントになります。ネイティブにちゃんと伝わる英語を話し聞くうえでも音のつながりを意識しましょう。例えば英会話スクールなどに通う際はネイティブの英語を話す講師がいるかどうかもポイントにしてみましょう。


Copyright© 2018 ずばり教えます!英会話学習法のポイントとススメ! All Rights Reserved.